| コメント(0) | トラックバック(0)
  • 自然派住宅のリフォーム
    リビングやキッチンの自然素材リフォームお任せ下さい。住まいの一部からでも自然素材のリフォームは可能です。
  • 自然素材のリノベーション
    古くなった住まいや、中古で購入した住まいを自然素材のフルリフォームやリノベーションお任せ下さい。
こんなお悩み、リフォームで解決しませんか?
暮らしやすさ向上
近年の水まわり設備は、省エネ·バリアフリー対応など、性能やお掃除のしやすさが大きく進化しています。水まわり設備の交換と合わせて、間取りの見直しや収納の改善を行うことで、暮らしやすさが大きく向上します。
  • 快適な水廻り生活
    快適な水廻り生活
    ひと昔の水廻り設備よりも、最新の水廻り設備は使いやすく、安心な設計。台所では、掃除が大変だったガスコンロをさっとひと拭きで奇麗に掃除。浴室では、深く出入りが怖かった浴槽も、低くなり手摺もついて安心。トイレは、節水型になり汚れが付きにくくなり、掃除も楽になります。
  • 収納
    収納
    毎日使うものがきちんと定位置に収納できると、部屋の中が散らからずに奇麗にすっきりと生活できるポイント。また収納量が多く、収納場所に入らないで外に出ている物を、収納内部に棚・パイプなどをうまく活用設置する事で収納スペースはそのままですっきり収納となります。
  • 間取り
    間取り
    毎日生活する際に住まいの中を行ったり来たりする同線があります。その同線が複雑な場合、ひとつの家事作業を行ったり来たりと無駄な動作で毎日が疲れてしまいます。ちょっとした工夫や、リフォームで快適暮らしやすい住まいにかわります。
ライフステージに合わせる
家族構成や、住まい人の年齢に合わせて住まいの見直しが必要になることも。間取りの変更や、段差の解消、収納や内装の見直しに、増改築や減築など。ライフスタイルに合わせたリフォームが可能です。
  • 二世帯リフォーム
    二世帯リフォーム
    今お住まいのご家族が高齢化又は共働きになった場合、二世帯住宅へリフォームをご提案します。二世帯になってもそれぞれ世帯の空間を大切に、お住まいの間取りとご予算に合わせたご提案可能です。リフォーム後も仲良く、笑顔溢れる住まいになります。
  • 子供の成長・独立
    子供の成長・独立
    子供の成長に合わせて、学習スペース・隠れ部屋・ロフトなど。住育の知識と経験を活かし、お住まいの間取り・ご予算・子供の年齢に合わせたリフォームを提案します。一つの部屋を間仕切壁を作り二部屋に。また子供が独立して、間仕切壁を外して元のひろい部屋にリフォームなど。
  • 増築
    増築
    家族構成が増えると今の住まいの部屋数では足りなくなった際に増築をご提案します。ただ単に部屋を増やすだけでなく、建物の耐震性能を向上する事と同時に、暮らしやすい住まいをご提案します。
住まいの性能向上
耐震·省エネ·バリアフリーといった住まいの性能をアップさせるリフォームをご提案。安全で快適に暮らせるようにするためには不可欠な見直しです。所定の条件を満たすことで減税や補助金の活用も考えられます。
  • 耐震制振リフォーム
    耐震制振リフォーム
    耐震工事と言うと、建物の角の壁をしっかりと補強する工事が多いですが当社では精密診断を行い、建物の重心・剛芯をしっかりと調べます。その診断により、必要最低限の耐震補強で、地震に強いリフォームが可能です。耐震テープを施工する事で、震度6クラスが連続で発生しても建物に損傷を最低限に抑える制振リフォームもご一緒に提案・施工します。
  • 屋根・外壁
    屋根・外壁
    外回りの部分は毎日、雨風にさらされている場所。定期的なメンテナンスでお住まいの性能を向上できます。屋根材ではガルバにウム鋼板をカラーベストの上に重ね葺きする事で毎回屋根の塗装することなく、性能向上になります。外壁は遮熱塗料で、熱い夏場も今まで以上に涼しく生活可能です。
  • ヒバ油+木酢液による防蟻駆除
    ヒバ油+木酢液による防蟻駆除
    お住まいは土台が大切。日本の高温多湿な場所ではシロアリの発生があります。定期的な検査・処理により、シロアリの被害から建物を守ることが可能です。シロアリに食害被害を受けると、大きな地震により倒壊の恐れがあります。また食害部分を補強するためには、大きな出費になります、住む人に安心なヒバ油+木酢液で防蟻処理を行います。
省エネリフォーム
壁や床·窓などの断熱性能の向上と、高効率の給湯器、エアコンなどの導入により住まいの消費エネルギーの削減が可能となるリフォームです。電気代などの削減と快適性を兼ねたリフォーム。
  • 内窓
    内窓
    お部屋で過ごしていて、冷暖房の効きが悪いなあと感じたり、外音がうるさかったりすることはありませんか?また、結露が気になる方も多いのではないでしょうか。室内と屋外をつなぐ「窓」は、光を取り入れ風通しを良くするだけでなく、断熱性・防音性・防犯性などの有無によって、住宅の機能性と快適性に大きく係わっています。つまり「窓」のリフォームは、さまざまな問題の解決に繋がるのです。
  • セルローズファイバー断熱
    セルローズファイバー断熱
    お勧めするセルローズファイバー断熱「MSグリーンファイバー」で断熱されたリフォームのお住まいは、家の耐久性を保ち、冷暖房エネルギー使用量を大幅に削減できる高性能な住宅になります。断熱リフォームで耐久性のある省エネルギーな住宅は、イニシャルコストがかかっても、長い目で見れば非常に割安で、一般的な住宅よりも優れた住宅となります。そして、重要な事は、住んでいる人の快適を追求する断熱工法なのです。
  • ソーラーウォーマー
    ソーラーウォーマー
    ソーラーウォーマーは暖めた空気を送り込む為に使用する電気を集熱面についている発電パネルで発電しています。集熱から発電まで全て一体となったシステムなので外部電源をまったく使用しません。これによりランニングコスト0を実現する事ができます。一番大きいサイズのソーラーウォーマーでも重さは14kg。一人でも十分に持ち運びできます。設置は取り付け面にパネルから室内に送風するためのダクト用の穴を開けるだけで、簡単に短時間で取り付けることができます。構造も単純であることから壊れにくく、メンテナンス性にも非常に優れています。
バリアフリーリフォーム
段差のない室内や手すりの取り付け、介助スペースのある水まわりなどにリフォームすることで、高齢になっても安心·安全に負担の少ない暮らしを実現する住まいづくりを。
  • 内窓
    手すり
    移動の際の転倒防止や、つかまり立ちができるよう、手すりの設置をお勧め。手すり設置は比較的簡単にできるバリアフリーリフォームです。主な設置場所は、トイレや浴室、玄関、廊下などです。取り付ける場所によって、手すりの形状や施工方法、かかる費用も異なります。
  • 段差解消
    段差解消
    つまづきによる転倒防止や、車いすでの移動を容易にできるよう、段差を解消しましょう。台車やベビーカーなどの出入りも楽になります。具体的には、敷居を低くしたり、床のかさ上げやスロープを設置することで各室間の床の段差や、玄関から道路までの通路等の段差を解消します。
  • 通路幅などの拡張
    通路幅などの拡張
    通路幅を広げるには、隣接するスペースを変更することになり、拡張する場所を解体しなければならないので費用がかさみます。隣接する場所の状態によっても難易度が異なるので、かかる費用は工事内容によって大きく変わってきます。
こばじゅうの自然素材リフォームはグループ会社「エコスタイル」にて承ります。

間違っていると連絡できません!

お問い合わせ内容
必須お名前
必須ふりがな
必須郵便番号 ※ハイフンは不要です
必須所在地
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
必須メール
お問い合わせ詳細
必須送信確認

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kobajyu.co.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/1209

コメントする

このブログ記事について

このページは、小林住宅が2019年7月29日 17:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プライバシーポリシー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。